2010年12月18日

電気掛け敷き毛布を買いました♪

食器洗い乾燥機に引き続き人生で初めて電気掛敷毛布を購入しました。

私の家はマンションの1階。
夜は畳の部屋に布団を敷いて寝ています。
このマンションに引越しをして5年ぐらいになりますが、
毎年冬になると寒くて夜中に目がさめてしまうことがたびたびありました。

私の寝ている部屋に暖房器具はないので、
そのたびに掛け布団を増やしていくのですが、それも効果なし・・。
で、ある日気がついたんです、畳から冷気が上がってきているって、
どうりで上に布団を何枚かけても寒いわけです。

ここ数年は足元に電気あんかを置いたり、敷布団を重ねたりしてやり過ごしながら
なんとかならないものかなぁ〜と思っているうちに春になり・・・と
いうのを繰り返していたんですが、
先日ちょっと体調が悪くかかりつけのお医者さんにみてもらった時に、
そのお医者さんに「最近眠れてる?」って聞かれたんです。
「あ、そういえば最近寒くて夜中に目を覚ますことが多い」と答えたところ、
どうも寝不足で疲れがとれていないような気がすると言われたんです。

部屋を温め過ぎるのもよくないけれど、目が覚めてしまうくらい寒いのはちょっと問題なので
部屋に暖房器具を置くことを考えてみたらどう?とアドバイスをもらったんです。

寝る部屋に暖房器具を置く・・考えたことがなかったなぁ〜

オイルヒーターだったら火も使わないし、
あたたまり具合も穏やかなんて話を聞いたこともあるしいいかな?と思ったのですが
でも目が覚めてしまう原因が畳から上がってくる冷気であるのなら
まずはその冷気をなんとかシャットダウンしなければと思い
電気敷き毛布を購入することにしたんです。

今は掛けるのと敷くのが兼用になっていて、しかも洗えるなんて
便利なものがあるんですね〜

DSC09672.jpg
KODENの電気掛け敷き毛布です。




早速使ってます(*^。^*)

温度は熱すぎるとかえって体力を消耗してしまうと聞いたことがあるので、
取り扱い説明書どおり、布団に入るまで「高」の温度で温めて
寝るときには一番温度を低くしてます。

使い始めてから2週間ぐらいたつけど、寒くて夜中に目を覚ますことはなくなりました。
熟睡してその日の疲れを取るって大事なんですね。

あ、あと足が冷たくてなかなか眠れないなんでこともなくなったかも!

しかし、以前もマンションの1階の畳の部屋に布団を敷いて寝てたけど、
こんなに畳から冷気が上がってくることなかったよなぁ〜
畳のすぐ下は地べた!?と思うぐらいです。
どんな作りになっているんでしょこのマンション(-_-)ウーム

【このブログ内の関連記事】
今年も畳から冷気が〜



ラベル:電気掛敷毛布
posted by いるとん at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。